トップ  > 代表ブログ  > コロナ融資もやさしい交渉ばかりではありません

コロナ融資もやさしい交渉ばかりではありません

 先日、コロナ融資の件で福岡県信用保証協会を訪問しました。
通常は銀行と融資についての打合せを行うのですが、本件は現在既存融資の返済が厳しくリスケを受けているお客様の新規融資なので簡単ではなく、銀行の保証先である県の信用保証協会まで出かけました。※通常、リスケを受けていると新規融資を受けることはできませんが、コロナ融資の場合は、内容によっては融資を受けることができることもあります。


普通は銀行融資というと、銀行の審査部門が審査するものだと思いがちですが、銀行のプロパー融資(銀行が自己リスクで融資する仕組み)以外の融資(制度融資)は、銀行が信用保証協会にその融資の保証をしてもらい、融資する仕組みです。
したがって、銀行だけでなく保証協会と打合せを行うケースも出てくるわけです。


コロナ融資も昨年のスタート当初はかなり簡単に受けてもらえていましたが、その後一年半もコロナ禍が続き、コロナ融資の過剰債務問題や、保証協会の代位弁済(借主が返せなくて保証協会が銀行へ借金の支払いをすること)が増えてきているのか、最近は審査がかなり厳しくなってきています。

本件も協会の審査姿勢が厳しく、一旦差し戻しとなりましたが、お客様目線でもう一度プランを練り直し、融資獲得に向けて再チャレンジしたいと思います。

 

〇新型コロナウィルス感染に関する融資等についてお悩みの方は、お気軽に当協会までご相談ください。

九州経営リスクマネジメント協会

電話 092-600-8672

お問合せ

 

九州経営リスクマネジメント協会

〒 810-0001 福岡市中央区天神4-8-2 天神ビルプラス 5F

TEL:092-600-8672

お問合せ

〒 810-0001

福岡市中央区天神4-8-2 天神ビルプラス 5F

TEL:092-600-8672

FAX:092-737-8861

  一般社団法人
  中小企業事業推進機構 監事

 
福岡県経営改善支援センター
福岡商工会議所 登録専門家


     代表Blog


九州経営リスクマネジメント協会
〒810-0001
福岡市中央区天神4-8-2天神ビルプラス

TEL 092-600-8672